独学合格者が解説!社労士試験の難易度を上げている3つの理由!

社労士試験難易度理由 社労士試験
この記事はこんな方におすすめ
  • 社労士試験の概要を知りたい方
  • なぜ社労士試験が難関と言われているか知りたい方

 

どうも、ほとけと申します。

なんで社労士試験ってこんなに合格率が低いの?

今回はそんな方に向けて、

  • 独学で社労士試験合格
  • 士業事務所勤務

という私が、社労士試験の難易度を上げてている理由3つについて解説いたします。

社労士資格の概要については以下の記事を参考にどうぞ

社労士資格のメリット&デメリット 年収や必要学習時間は?
社労士資格のメリットデメリットを概要、平均年収、取得に必要な学習時間などを紹介しながら解説。社労士がどのような業務を行っているのか、どのような活躍の場やキャリア選択の幅があるのか、社労士資格に興味をお持ちの方に最適な情報をお届けします。



社労士試験の概要

まずはじめに社労士試験の概要について説明します。

試験日、申込期間

毎年8月第4日曜に行われます。(2020年は8月23日)

ほとけ
ほとけ

社労士試験て、めちゃめちゃ暑いときにやるんよねぇ

ちなみに応募期間は毎年4月中旬頃から5月下旬までです。(2020年は4月13日から5月31日まで)

忘れないように余裕を持って応募しましょう。

出題科目

試験は択一式と選択式の2つがあり、どちらも合格基準点(毎年変動)以上でなければなりません。

択一式の科目は、

  1. 労働基準法及び労働安全衛生法
  2. 労働者災害補償保険法(+徴収法)
  3. 雇用保険法(+徴収法)
  4. 労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識
  5. 健康保険法
  6. 厚生年金保険法
  7. 国民年金法

この7科目それぞれ10問ずつ70問出題されます。(徴収法に関しては択一式のみ出題)

一方、選択式の科目は、

  1. 労働基準法及び労働安全衛生法
  2. 労働者災害補償保険法
  3. 雇用保険法
  4. 労務管理その他の労働に関する一般常識
  5. 社会保険に関する一般常識
  6. 健康保険法
  7. 厚生年金保険法
  8. 国民年金法

以上8科目それぞれ5問ずつ40問出題されます。

合計110問か…結構多いなぁ…

ちなみに試験時間ですが、選択式80分、択一式210分の計290分(約5時間)あります。

…(遠くを見つめる)

ほとけ
ほとけ

つらい現実から目をそらしている…

受験資格

基本的には大卒以上の方、もしくは在学中で62単位以上取得している方(別途条件あり)が受験資格を有する方になります。

また、行政書士などの国家資格試験に合格した方も受験することができます。

他にも受験資格を有する場合がありますので、「私は~の資格持ってるんだけど受験資格あるのかな…」という方は社労士試験オフィシャルサイトを御覧ください。



合格率について

過去の10年の合格率は以下になります。

年度 受験者数 合格者数 合格率
令和元年 38428 2525 6.6%
平成30年 38427 2413 6.3%
平成29年 38685 2613 6.8%
平成28年 39972 1770 4.4%
平成27年 40712 1051 2.6%
平成26年 44546 4156 9.3%
平成25年 49292 2666 5.4%
平成24年 51960 3650 7.0%
平成23年 53392 3855 7.2%
平成22年 55445 4790 8.6%

 

うわ、合格率、結構低いのね…

ほとけ
ほとけ

平成27年は2%台とかになったりもしたけど、

最近は6%台で推移してるんやで。

それでも難関であることに変わりはないんやけどね。



社労士試験の難易度を上げている3つの理由

では、ここからは社労士資格が難関資格と言われる理由について解説します。

1.出題内容や範囲が広大

先程説明しましたが、社労士試験は基本的に労基法をはじめとしたメインの8つの法律と労働保険、社会保険の一般常識としてくくられる諸法律から出題されます。

試験のテキストとしては10科目で分けられていますね。

社労士試験学習あるあるとして、

1科目ずつ順番に勉強していき、10科目目を終えてからはじめに戻ると、

え、こんなの勉強したっけ…?

という感じで、あまりに範囲が広大なため最初に勉強したところを忘れてしまっている、というのがあるんですよね。

そのため、よく社労士試験は「皿回し」に例えられます。

社労士試験では、

  • はじめに回したお皿が落ちないように(最初に学習した内容を忘れないように)
  • 何度もお皿を回してあげないといけない(何度も復習しないといけない)

というところからこのような比喩が使われるんですね。

ほとけ
ほとけ

試験テキストも市販のもので1000ページ越えてたりするからなぁ。
その中の大事な部分を勉強するというだけでもなかなか大変よ。

2.学習に長期的計画と覚悟が必要

社労士試験に合格するためには平均800~1000時間必要と言われます。

仮に800時間勉強するとして、1日あたりの必要学習時間を計算すると、

  • 365日(1年)で達成しようとすると、1日あたり2.19時間
  • 180日(約半年)で達成しようとすると、1日あたり4.44時間
  • 90日(約3ヶ月)で達成しようとすると、1日あたり8.88時間

いや、1日8時間とか働きながら絶対ムリでしょ…

ほとけ
ほとけ

働きながら半年で合格した!という方はいるみたいやけど、

現実的に考えると相当厳しいよねぇ。

もし半年で800時間を達成しようとした場合、具体的な生活に落とし込んでみると、

  • 家に夜7時に帰り、
  • 家事、お風呂を8時までに済ませ、
  • そこから0時半までブッ通しで勉強、即就寝。
  • 休みも最低ノルマをこなしつつ、平日にこなせなかった負債分を消化

ムリムリムリムリ

ほとけ
ほとけ

カタツムリ。

だからこそ早めに計画的に勉強していかなあかんのよ。

もちろん通勤時間とかのスキマ時間を有効に使うとかの工夫も必須やで。

1年間かけて勉強となると条件は易しくなりますが、学習期間が長期になるため、

  • 学習計画を立てること
  • 継続して学習していく習慣付け
  • そもそもの覚悟

これらが必要になります。

具体的な学習法や学習ツールについてはこれらの記事で述べています。

【体験談有】独学受験者のための社労士試験テキスト&問題集の基本的な進め方・考え方!
この記事はこんな方におすすめ 独学での学習法がわからなくて困っている方 独学ではじめてみたけど行き詰まってしまった方 独学で何をどれくらいやればいいか知りたい方 どうも、ほとけです。 ...
【社労士試験】独学合格者が解説!独学おすすめテキスト&ツール!その2
この記事はこんな方におすすめ スキマ時間を有効活用して学習したい方 社労士試験に関する法改正、判例等の情報を収集したい方 家事育児などでまとまった学習時間が取れない方 どうも、ほとけです。 前回...

3.全ての科目で最低得点を上回らなくてはならない(重要)

社労士試験を合格するためには以下の条件をともに満たさなければいけません。

  1. 総得点が択一式、選択式それぞれ合格基準以上であること
  2. 択一式、選択式の「各科目で」合格基準点以上を取得すること

2の条件、これが社労士試験の難易度を上げている最も大きな理由です。

つまり、たとえ択一式、選択式、どちらもほぼ満点であったとしても、1科目でも合格基準点未満だった場合は不合格になります。

ほとけ
ほとけ

ワイを含め、ここで何人の受験生が涙をのんだか…。

そのため、

この科目は苦手だから捨てちゃって、他の科目で点数を稼ごうっと。

というような試験対策はできません。

  • まんべんなく
  • 全ての科目を
  • どのような問題が出たとしても
  • 合格基準点は最低クリアできる

このレベルまでもっていかなくてはなりません。

しかも試験範囲はものすごく広いんでしょ…?

え、やばくない…?

ほとけ
ほとけ

そのとーり♪(タケモトピアノ)



まとめ ~社労士試験の良い点を添えて~

社労士試験を難関にしている3つの理由をまとめると以下になります。

社労士試験の難関ポイント
  1. 出題範囲が広大かつ難解
  2. 学習期間が長期になるため計画や習慣付け、相応の覚悟が必要
  3. 全科目毎に合格基準点をクリアしなくてはいけない

この記事を書いている途中で、

ほとけ
ほとけ

あれ、ワイは社労士試験のネガキャン記事書いてたんやっけ…?

というような気分になりましたが、ここでこの試験の良い点も紹介いたします。

社労士試験は上記の基準をクリアしていれば全員受かる資格です。

他人と競う必要がありません。闘うのは自分自身なのです。

また、試験内容は難関ではありますが、だからこそ、

  • 試験学習で得た知識・経験
  • 合格したという自信

これらは必ずこれからの人生で役に立ちます。

実際私もあの試験を合格できたことで自分に相当自信がつきましたし、その知識を今の職場でも活かせています。

これから社労士試験を受けようと考えている方の、覚悟を決める一助になれば幸いです。

今回はここまで。ありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました